このエントリーをはてなブックマークに追加

いろいろな脱毛方法

最近ではカラダ中のムダ毛を除去するのが普通になっており、それに伴なってさまざまなムダ毛の処理法が登場しています。
ここでは、そのうちのいくつかについてお話ししたいと思います。
主な方法は、ワックス脱毛、針脱毛、レーザー脱毛、脱毛機です。
ワックス脱毛とは、皮膚表面にワックスを塗り広げ、産毛とワックスが絡まったところで引き剥がすことによって行ないます。
これは美容専門のお店やドラッグストアで手に入れることができます。
ワックスがシートに塗られた状態で売っていることもあります。
一般に、エステサロンで使われる脱毛ワックスは、常温では固形になっており、加熱することでペースト状になります。
それを皮膚表面に塗り広げ、毛が絡まり、固まったところを引き剥がします。
この方法は、痛いというデメリットがあります。
また、脱毛した直後は皮膚が赤くなり、ヒリヒリすることもあります。
しかしこれはすぐに治まるのが普通です。
引き抜いた場所からばい菌が入り込まないよう、処置前にはキレイに洗い、清潔にします。
毛が太く、毛根が皮膚の奥深くにあるヒゲには適しませんが、それ以外の部位なら使用できる方法とされています。
手順としては、脱毛する部位を洗ったら、ワックスをシップし、毛ごとはがし、残った毛はピンセットで処理します。
脱毛が終わったら、皮膚上に残ったワックスを拭き取ります。
毛根が完全になくなる方法ではないため、時間が経つと毛がまた生えてきますが、脱毛を数回繰り返すうちに徐々に毛が薄くなることが分かっています。
次に、レーザー脱毛についてお話します。
これは、レーザーの光が特定の色に吸収される、というレーザーの特徴を用いて行なわれているものです。
ムダ毛の色…つまり、黒や茶色に吸収されるレーザー光を皮膚に当てることで、肌へダメージを与えることなく毛や毛根を攻撃し、毛根ごと取り除くという方法です。
これも、時間が経つと次のサイクルの毛が伸びてきますが、期間をあけて数回処置を行なうことで、2度と生えてこないようにすることが可能です。
ヒゲなどの太い毛にも効果があります。
最後に、針脱毛(ニードル脱毛)についてお話します。
これは毛穴に針を刺し、毛根付近に電流を流して処理する方法です。
1本ずつの処置になるため、時間も根気も必要です。
現在主流になっているのはレーザー脱毛です。
その他、家庭で使える脱毛機も人気が出ています。
自分でムダ毛を永久処理できる、レーザー脱毛器も販売されています。
エステに通うのではなく、自分で処理したい人にはこちらがおすすめです。
Copyright (C)2017ダメージ知らずの脱毛案内.All rights reserved.