このエントリーをはてなブックマークに追加

顔の産毛、処理法

顔の産毛は剃るとどんどん濃くなる、という言い伝えがありますが、どうもこれは真実ではないようです。
剃っても濃くはなりません。
逆に、黒い産毛を剃ることで肌のトーンが明るくなり、透き通った肌を手に入れることができるのです。
おまけに、カミソリを使って剃るときに肌の古くなった角質も一緒に取れるため、肌が明るくなります。
こうして肌がつるつるになるとファンデーションのノリがよくなり、より肌にマッチするだけでなく、化粧持ちもよくなります。
さて、自分で顔の産毛処理をするときの注意点についてお話したいと思います。
顔の産毛は、T字のカミソリを使うのがおすすめです。
永久脱毛がしたいからといって脱毛するのはあまりおすすめではありません。
なぜなら、毛を抜くには広範囲ですし、顔の肌は敏感なので、受けるダメージが大きくなってしまうからです。
さて、カミソリで剃るときの注意点ですが、剃る前には洗顔をし、清潔にしましょう。
次いで、蒸しタオルなどで顔面をよく蒸らします。
こうすることで毛が柔らかくなり、剃りやすくなります。
剃るときには、せっけんではなく乳液などの美容液を付けるのがおすすめです。
冒頭でも述べたように、剃ると古い角質も一緒に取れるので、肌は化粧水や乳液などを吸い込みやすい状態になります。
剃るときに乳液を付けるのは、肌に栄養を与えるためだけでなく、カミソリのスベリを良くし、肌をダメージから守るためです。
ですから、たっぷり目に付けるようにしましょう。
剃る方向についてお話します。
毛が生えているのとは逆の向きにカミソリを動かすと深剃りができ、より肌のスベスベ感が長持ちするのですが、これは肌へのダメージが大きくなってしまうのでおすすめできません。
カミソリの刃は毛が生えている向きにそって優しく動かしましょう。
次に、顔の産毛を剃る頻度についてお話しします。
顔は皮膚が薄く、敏感な部分です。
ですから、頻繁に剃るのはあまりよくありません。
顔全体の処理なら1ヶ月に1度、鼻の下の部分なら1週間に1度の処理を目安にしましょう。
なお、顔の産毛を剃ったすぐ後は肌にダメージが加わっているので、日光に当たることは控えましょう。
よって、剃るタイミングは夜の就寝前、お風呂の時や、1日中家にいるときがよいでしょう。
生理中や生理の前は肌が特別に敏感になっているため、避けるのが無難です。
ムダ毛の処理をした後は、化粧水や乳液で保湿をし、肌の再生を促しましょう。

近頃良く聞く脱毛関連のハナシは、ココをブックマークしましょう

  • This website is a quality wig for women.Real hair /2015style.From $90.Any styles & any colors.Buy now!
Copyright (C)2017ダメージ知らずの脱毛案内.All rights reserved.